<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

標高三千七百mからの雲海  2011四度目の富士山頂   

2011年 07月 31日

今回は雲の中の日の出

d0156625_1120089.jpg



d0156625_1120277.jpg



d0156625_11243788.jpg



d0156625_11251115.jpg



d0156625_11253890.jpg



d0156625_11255833.jpg


d0156625_11261798.jpg


d0156625_11263772.jpg


d0156625_1127010.jpg


d0156625_11272147.jpg


d0156625_11274582.jpg



d0156625_1128429.jpg


d0156625_11282376.jpg



d0156625_13472462.jpg


d0156625_13475139.jpg


d0156625_1348922.jpg


d0156625_13482870.jpg


d0156625_13484659.jpg



午前3時半の頂上

d0156625_13493334.jpg



d0156625_13494516.jpg


d0156625_13503841.jpg


d0156625_13511452.jpg


d0156625_13513153.jpg




d0156625_1349266.jpg


d0156625_13522049.jpg


d0156625_13523846.jpg


d0156625_13525698.jpg


d0156625_1353246.jpg


d0156625_13534644.jpg


d0156625_1354788.jpg


d0156625_13542166.jpg


d0156625_13543722.jpg


d0156625_13545594.jpg


d0156625_13551699.jpg


d0156625_13553262.jpg


d0156625_1355502.jpg


d0156625_1356683.jpg


d0156625_13562519.jpg



7月30日富士スバルライン五合め 雲上閣二階食堂
d0156625_13572022.jpg


d0156625_13582762.jpg


d0156625_13584254.jpg



d0156625_13585937.jpg


d0156625_13591670.jpg


d0156625_13593245.jpg


d0156625_13594768.jpg


d0156625_140578.jpg


d0156625_1402171.jpg


d0156625_140362.jpg


 小屋前の狭い「登山道」が渋滞の要因
d0156625_1405385.jpg


d0156625_1413167.jpg


d0156625_1414690.jpg


d0156625_142412.jpg


d0156625_1421739.jpg


d0156625_1423390.jpg


d0156625_1425023.jpg


山小屋の夕食

d0156625_143899.jpg

[PR]

by 1911125 | 2011-07-31 11:14

FUJI  2011三度目の富士山頂   

2011年 07月 24日

 この日は登りで前後した海外からの登山者に声をかけ、出身地を聴いたらノルウェー、デンマーク
ドイツとヨーロッパ北部の地域を告げられた。
 頂上ではアメリカH大学大学院からT大大学院に研究留学中のナイトウォーキング氏と懇談した。
 そんなわけでFUJIとタイトル。

 毎週末、仕事を兼ね頂上まで登っています。

2011年7月24日の日の出。

d0156625_6265972.jpg


d0156625_6271326.jpg



d0156625_6273055.jpg


d0156625_6274542.jpg


d0156625_6275775.jpg



d0156625_6295977.jpg



d0156625_6301198.jpg


d0156625_6302369.jpg


d0156625_6303686.jpg



d0156625_6305166.jpg


d0156625_631377.jpg


d0156625_6311797.jpg



d0156625_6312944.jpg


d0156625_6314139.jpg



d0156625_6323954.jpg


d0156625_6325060.jpg


d0156625_633397.jpg


d0156625_6331719.jpg


d0156625_6332927.jpg


d0156625_633422.jpg


d0156625_6335410.jpg


d0156625_634785.jpg


d0156625_6342271.jpg


d0156625_634356.jpg


d0156625_6344865.jpg


d0156625_635216.jpg


d0156625_6351698.jpg


d0156625_6353210.jpg


d0156625_6364622.jpg


d0156625_636599.jpg



 富士山頂の休憩所「山口屋本店」
d0156625_6104569.jpg

 七月の三回目の登頂にして初めて「牛丼、みそ汁付き」1,000円を注文する。

d0156625_6133428.jpg



 内部から外を写す
d0156625_6135470.jpg


 すぐに届いた牛丼

d0156625_6144358.jpg


d0156625_6152436.jpg


d0156625_6154352.jpg


d0156625_616488.jpg



毎年登っている海外から日本滞在中の研究者たち
d0156625_6164777.jpg


 下山直後
d0156625_617524.jpg


d0156625_6174347.jpg


d0156625_618158.jpg


前日の仮眠所、標高3,450m 山小屋「御来光館」
d0156625_6303840.jpg

d0156625_630562.jpg


 20:30過ぎに到着、夕食、サラダとドレッシングがたっぷりと付いています。
d0156625_6311040.jpg


以下は前日に戻ります。
2011年7月23日の登りはじめ六合目過ぎからの眺望「山中湖」
d0156625_6343392.jpg


頂上方向を仰ぎ見る
d0156625_6352182.jpg


d0156625_636554.jpg


d0156625_6362383.jpg


d0156625_6364120.jpg


d0156625_6374816.jpg


d0156625_638427.jpg


d0156625_638272.jpg


d0156625_6384056.jpg


d0156625_6385469.jpg


d0156625_639669.jpg


d0156625_6392154.jpg


d0156625_6393298.jpg


d0156625_6394597.jpg


d0156625_640185.jpg


d0156625_6401561.jpg


d0156625_6403464.jpg


道の駅「なるさわ」の奥にある富士眺望の湯「ゆらり」での昼食
d0156625_6183599.jpg


同温泉の経営は富士観光開発株式会社 山梨県南都留郡鳴沢村8532-5
[PR]

by 1911125 | 2011-07-24 06:26

山中湖と雲海  2011二度目の富士山頂   

2011年 07月 17日

2011年7月17日の日の出。
d0156625_1228875.jpg


山中湖 鯨が泳いでいるような形

d0156625_12311458.jpg


d0156625_12272942.jpg


d0156625_12264225.jpg


d0156625_1227192.jpg


d0156625_1232436.jpg


 ここからは夜明前  同じポイントから
d0156625_1233266.jpg



d0156625_12325419.jpg


d0156625_123358100.jpg





d0156625_12341211.jpg


満月も見えます

d0156625_12362113.jpg




d0156625_1236101.jpg
d0156625_12355171.jpg


d0156625_1235471.jpg

4:28

d0156625_1237464.jpg

4:30

d0156625_12345599.jpg

4:31

d0156625_12364965.jpg


4:32

d0156625_12382028.jpg


陽が上がり始めます 4:32




d0156625_139437.jpg

4:32


d0156625_12375693.jpg



d0156625_1310419.jpg


少しずつ上昇 4:32

d0156625_13114425.jpg


4:32

d0156625_13131241.jpg


4:33


d0156625_13144356.jpg


4:33

d0156625_13151391.jpg

4:33

d0156625_13171148.jpg

4:33


d0156625_13172647.jpg

4:33

d0156625_13174159.jpg

4:33 小屋の屋根

d0156625_1422533.jpg


4:34
d0156625_144140.jpg

4:34

d0156625_1442460.jpg

4:34

d0156625_145060.jpg

4:34



d0156625_13231313.jpg

4:34

d0156625_1494211.jpg


4:35

d0156625_14104446.jpg


4:35

d0156625_14113019.jpg

4:35


d0156625_13222026.jpg

4:36
d0156625_13253769.jpg

4:36

d0156625_13192519.jpg

4:37



d0156625_13201697.jpg

4:38

d0156625_13264253.jpg


4:38


d0156625_1328330.jpg


4:39




七合目辺りから
d0156625_12505149.jpg



前日の登りはじめ

三連休の初日で昼間から登山渋滞になっています。
(深夜は七合目、八合目から頂上まで日の出を見るため常に渋滞)

d0156625_16305112.jpg


d0156625_16311516.jpg


d0156625_16313045.jpg


d0156625_16314734.jpg


d0156625_1632461.jpg


d0156625_1633222.jpg


d0156625_16332018.jpg


d0156625_1633382.jpg


d0156625_16335964.jpg


d0156625_1634175.jpg



d0156625_16355329.jpg


d0156625_16361131.jpg


d0156625_16362655.jpg


d0156625_16364413.jpg


d0156625_16372827.jpg



d0156625_16374977.jpg


d0156625_1638540.jpg


d0156625_16382177.jpg


d0156625_1638382.jpg


d0156625_16385338.jpg


d0156625_1639716.jpg


d0156625_16393114.jpg



d0156625_16395049.jpg


d0156625_1640820.jpg


d0156625_16402798.jpg



d0156625_219324.jpg


d0156625_220137.jpg


d0156625_2202358.jpg


d0156625_2204472.jpg


d0156625_221745.jpg


d0156625_2212738.jpg


d0156625_221489.jpg


d0156625_222732.jpg


d0156625_222291.jpg


d0156625_2225546.jpg


d0156625_223985.jpg

[PR]

by 1911125 | 2011-07-17 12:22

夜明けと噴火口の残雪  2011 一度目の富士山   

2011年 07月 03日

2011年7月3日の日の出。

d0156625_2571894.jpg

深夜2時半に本八合目の山小屋を出発。「渋滞」と薄い空気のため列はゆっくりとしか進みません。
元気のある単独か少人数のグループは大きいグループが停滞している岩場の間のトレイルをうまく
追い越して行きます。ヘッドランプの列。

d0156625_395573.jpg


d0156625_3101667.jpg


d0156625_3103535.jpg


d0156625_3105891.jpg


d0156625_3111713.jpg



d0156625_314682.jpg

めずらしく風が吹いていない頂上


以下は噴火口の内部です。

d0156625_3143124.jpg


d0156625_3145478.jpg


d0156625_3151438.jpg


d0156625_3153684.jpg


d0156625_3212088.jpg


d0156625_3225572.jpg


d0156625_316151.jpg


d0156625_3182044.jpg



d0156625_3233215.jpg

かつての観測ドーム。水戸巌さんという研究者が夏に登っていました。

d0156625_324190.jpg


d0156625_3244286.jpg


d0156625_3251815.jpg


d0156625_3271026.jpg

本八合目の下方の分岐点



画像の撮影日は前日の昼前に戻ります。

d0156625_1404834.jpg


スバルラインの五合目から。

d0156625_1413627.jpg


五合目から六合目まで馬に乗ることもできます。下ってきた人を後ろから撮影。
1万5千円の乗馬料金とのこと。早く歩けば10分ほどの距離。


d0156625_1424162.jpg

分岐点の標識はしっかりしています。

d0156625_1433284.jpg

最初の長い休息地点。六合目。
d0156625_0105862.jpg

d0156625_0114123.jpg

d0156625_0121171.jpg


d0156625_0125018.jpg


d0156625_0133110.jpg

d0156625_0154846.jpg


最初に休息した山小屋
d0156625_016188.jpg

小屋の売店では高い標高への運搬料金が込められ全て「地上」よりアップした価格に
なります。チョコバーは100円が300円、カップヌードルが500円。

d0156625_0173812.jpg

d0156625_0183250.jpg

d0156625_0191124.jpg

d0156625_7234480.jpg

d0156625_7242542.jpg

d0156625_725171.jpg

d0156625_7252593.jpg

d0156625_7255390.jpg

d0156625_7262566.jpg

d0156625_7265260.jpg






d0156625_02123.jpg

標高3,400m 本八合目の「富士山ホテル」

d0156625_783115.jpg

d0156625_020979.jpg

宿泊の山小屋
d0156625_793920.jpg


小屋の玄関前、頂上はすぐ先に見えます

d0156625_710629.jpg




d0156625_791324.jpg

陽が沈み始めます

d0156625_7103934.jpg

小屋を出て登り始めます。

d0156625_9225669.jpg

画像のトップにつながります。


下りの画像
d0156625_7301712.jpg

d0156625_7304776.jpg

d0156625_7311540.jpg



本八合 分岐点です。ここからスバルラインの五合めまで1時間10分。

重い登山靴とザックは10キロ程度。
四分の一は走りました。

d0156625_7314270.jpg

新しく目印になる標識が設置されていました。一部はこれから設置するのか横にしてありました。

d0156625_9303768.jpg

走り下ったところです。ザレとガレの道。
d0156625_7321656.jpg


d0156625_9312882.jpg

新設のトイレ

d0156625_9322255.jpg


d0156625_9331080.jpg

迷子になったら届けましょう。


d0156625_9335888.jpg

晴れていたので標識は見えますが、霧がかかったら標識を確認するのも大変です

d0156625_9364051.jpg


スバルライン五合めはもう少し


d0156625_9371390.jpg

出発の場所に戻りました


d0156625_9394659.jpg


装備で忘れ物をしたら寄りましょう。ウェアは元々高い価格です。
手袋、ライト、ウェストバッグ、キャップなどは求め易い価格


d0156625_9375189.jpg

d0156625_938972.jpg


d0156625_9383198.jpg


d0156625_939266.jpg

自然食のみやげ品
[PR]

by 1911125 | 2011-07-03 02:56