夜明けと噴火口の残雪  2011 一度目の富士山   

2011年 07月 03日

2011年7月3日の日の出。

d0156625_2571894.jpg

深夜2時半に本八合目の山小屋を出発。「渋滞」と薄い空気のため列はゆっくりとしか進みません。
元気のある単独か少人数のグループは大きいグループが停滞している岩場の間のトレイルをうまく
追い越して行きます。ヘッドランプの列。

d0156625_395573.jpg


d0156625_3101667.jpg


d0156625_3103535.jpg


d0156625_3105891.jpg


d0156625_3111713.jpg



d0156625_314682.jpg

めずらしく風が吹いていない頂上


以下は噴火口の内部です。

d0156625_3143124.jpg


d0156625_3145478.jpg


d0156625_3151438.jpg


d0156625_3153684.jpg


d0156625_3212088.jpg


d0156625_3225572.jpg


d0156625_316151.jpg


d0156625_3182044.jpg



d0156625_3233215.jpg

かつての観測ドーム。水戸巌さんという研究者が夏に登っていました。

d0156625_324190.jpg


d0156625_3244286.jpg


d0156625_3251815.jpg


d0156625_3271026.jpg

本八合目の下方の分岐点



画像の撮影日は前日の昼前に戻ります。

d0156625_1404834.jpg


スバルラインの五合目から。

d0156625_1413627.jpg


五合目から六合目まで馬に乗ることもできます。下ってきた人を後ろから撮影。
1万5千円の乗馬料金とのこと。早く歩けば10分ほどの距離。


d0156625_1424162.jpg

分岐点の標識はしっかりしています。

d0156625_1433284.jpg

最初の長い休息地点。六合目。
d0156625_0105862.jpg

d0156625_0114123.jpg

d0156625_0121171.jpg


d0156625_0125018.jpg


d0156625_0133110.jpg

d0156625_0154846.jpg


最初に休息した山小屋
d0156625_016188.jpg

小屋の売店では高い標高への運搬料金が込められ全て「地上」よりアップした価格に
なります。チョコバーは100円が300円、カップヌードルが500円。

d0156625_0173812.jpg

d0156625_0183250.jpg

d0156625_0191124.jpg

d0156625_7234480.jpg

d0156625_7242542.jpg

d0156625_725171.jpg

d0156625_7252593.jpg

d0156625_7255390.jpg

d0156625_7262566.jpg

d0156625_7265260.jpg






d0156625_02123.jpg

標高3,400m 本八合目の「富士山ホテル」

d0156625_783115.jpg

d0156625_020979.jpg

宿泊の山小屋
d0156625_793920.jpg


小屋の玄関前、頂上はすぐ先に見えます

d0156625_710629.jpg




d0156625_791324.jpg

陽が沈み始めます

d0156625_7103934.jpg

小屋を出て登り始めます。

d0156625_9225669.jpg

画像のトップにつながります。


下りの画像
d0156625_7301712.jpg

d0156625_7304776.jpg

d0156625_7311540.jpg



本八合 分岐点です。ここからスバルラインの五合めまで1時間10分。

重い登山靴とザックは10キロ程度。
四分の一は走りました。

d0156625_7314270.jpg

新しく目印になる標識が設置されていました。一部はこれから設置するのか横にしてありました。

d0156625_9303768.jpg

走り下ったところです。ザレとガレの道。
d0156625_7321656.jpg


d0156625_9312882.jpg

新設のトイレ

d0156625_9322255.jpg


d0156625_9331080.jpg

迷子になったら届けましょう。


d0156625_9335888.jpg

晴れていたので標識は見えますが、霧がかかったら標識を確認するのも大変です

d0156625_9364051.jpg


スバルライン五合めはもう少し


d0156625_9371390.jpg

出発の場所に戻りました


d0156625_9394659.jpg


装備で忘れ物をしたら寄りましょう。ウェアは元々高い価格です。
手袋、ライト、ウェストバッグ、キャップなどは求め易い価格


d0156625_9375189.jpg

d0156625_938972.jpg


d0156625_9383198.jpg


d0156625_939266.jpg

自然食のみやげ品
[PR]

by 1911125 | 2011-07-03 02:56

<< 山中湖と雲海  2011二度目... 或る取材 >>